次の2つの転送設定方法があります。
この2つの転送方法は併用できないので、どちらか片方をご利用ください。

すべてのメールを1つのメールアドレスに転送

  1. Office365のWebメールにログインします。
    初回ログイン時は、初期設定が必要ですので、[p2p type="slug" value="howtouse" anchor="a_webmail"]Office365メールの利用・設定方法:Webメールでの利用[/p2p]を参照して設定を行ってください。
  2. 右上の歯車のボタンをクリックし、「メール」をクリック。
    o365-option
  3. 左のメニューから「転送」を選び、「転送を開始する」を選択して、転送先のメールアドレスを入力する。
    必要があれば、「転送されたメッセージのコピーを保持する」をチェックする。
    「保存」をクリック。
    fwd-all-02

メールを複数のメールアドレスに転送

転送先のメールアドレス数の上限は10件です。

  1. Office365のWebメールにログインします。
    初回ログイン時は、初期設定が必要ですので、[p2p type="slug" value="howtouse" anchor="a_webmail"]Office365メールの利用・設定方法:Webメールでの利用[/p2p]を参照して設定を行ってください。
  2. 右上の歯車のボタンをクリックし、「メール」をクリック。
    o365-option
  3. 左側のメニューから「受信トレイと一括処理ルール」ページを開いて、「+」ボタンを押します。
    fwd-sel-02
  4. ルールを設定します。
    「名前」の欄は任意です。
    「メッセージを受信し、そのメッセージが次の条件をすべて満たす場合」の項目は「すべてのメッセージに適用」を選択(ここで、条件を指定することも可能です。)
    「次のすべてを実行する」は「メッセージを次へリダイレクトする」を選択。
    fwd-sel-03
  5. アドレスの設定画面が表示されるので、「メッセージを次へリダイレクトする」の欄にメールアドレスを入力します。下に表示されるアドレス一覧から、「+」ボタンで追加することもできます。複数のメールアドレスを指定することもできます。
    入力が完了したら「保存」をクリックします。
    fwd-sel-04
  6. 「OK」をクリックで、設定は完了です。
    fwd-sel-05