SSL接続を提供するサーバ管理者の方は、NII(国立情報学研究所)の 「UPKI電子証明書発行サービス」(平成27年1月~)を利用して、 一定条件の下、無償でサーバ証明書の発行を受けることができます。

サーバ証明書の有効期間は発行日から25ヶ月です。

発行条件

  • 山梨大学で所有するまたは管理するサーバであること。
  • yamanashi.ac.jpドメイン以下のFQDNを持つサーバであること。
  • サーバの利用対象者が特定少数ではないこと。

利用ガイド

申請方法

サーバ証明書の発行・更新・失効を受けようとするサーバ管理者の方は、 「サーバ証明書インストールマニュアル」(NII資料)を参考に 「サーバ証明書発行(または更新・失効)申請TSVファイル」を作成してください。

TSVファイルの作成には、NIIのWebアプリ「 TSVツール」を利用できます。

その後、「学内ポータル」内の申請・調査システムより申請してください。

発行手順

  1. サーバにてCSR作成し、上記ツール等にてTSVファイルに変換。
  2. 学内ポータル」内の申請・調査システムにより申請・承認後、TSVファイルをメールで送付。
  3. NIIからの証明書発行の通知メールにより証明書をダウンロード。

CSR作成の注意点

 Organization Name(O) は「University of Yamanashi」を入力してください。
署名アルゴリズムはsha256で作成してください。

その他の注意事項

  • 学内ポータル」内の申請・調査システムへの申請は、TSVファイルに記載した加入者本人が行ってください。
  • TSVファイル作成時の「加入者氏名」「加入者E-mail」は、加入者個人を使用してください。
  • サーバ証明書の更新は、各サーバ管理者の責任で行ってください。情報システム課は、有効期間満了に伴う通知義務を負いません。
  • 更新申請にて新しいサーバ証明書の発行を受けた後は、2週間以内に証明書の置き換えを完了してください。