Office365メールの利用・設定方法

Webメールでの利用

Webメールの仕様

Webメールは以下のブラウザの最新バージョンと、そのひとつ前のバージョンに対応しています。

  • Edge
  • Chrome
  • Firefox
  • Safari
  • Internet Explorer(2021年夏頃対応終了予定)

上記のブラウザに該当しない場合は、簡素な画面を提供する″Light バージョン″での利用になります。Light バージョンは、メールの送受信等は問題なく利用できますが、メール転送やフォルダの振り分けなど、使用できない機能が多数あります。

初めてサインインする場合の設定

  1. https://www.outlook.com/yamanashi.ac.jp にアクセスし統合認証システムのログインIDとパスワードでサインインして下さい。
  2. 初回ログイン時のみタイムゾーンの設定が必要です。
    「(UTC+9:00) 大阪 札幌 東京」を選択して保存を押してください。
    webmail-02
  3. Webメールのトップ画面が表示されます。

ファイルを添付する手順

本文を入力する部分に、添付したいファイルをドラッグアンドドロップしてください。

メールソフトでの利用

現在お使いのメールソフトで、以下のように受信・送信の設定を行ってください。

受信サーバ設定
サーバ名 outlook.office365.com
ユーザ名 メールアドレス(OOO@yamanashi.ac.jp)
パスワード 統合認証システム のパスワード
サーバの種類 IMAP4 (SSL 必須:993 番ポート)
POP3 (SSL 必須:995 番ポート)
送信サーバ設定
サーバ名 smtp.office365.com
ユーザ名 メールアドレス(OOO@yamanashi.ac.jp)
パスワード 統合認証システム のパスワード
サーバの種類 SMTP (TLS 必須:587 番ポート)

セキュリティの設定はSSL/TLS(STARTTLSがある場合はSTARTTLS)と認証の設定が必須です。

各種メールソフトの設定

Windows10 メール

Windows10に付属しているメールアプリでの設定手順です。

  1. スタートボタンのメニューから「メール」をクリックして起動します。
  2. 「office365」を選択します。
  3. 本学で発行したメールアドレスを入力して「次へ」をクリックします。
  4. しばらく待つと以下のような画面が表示されるので、パスワードを入力して「サインイン」をクリック。
  5. 「組織がデバイスを管理できるようにする」のチェックは外します。
    「いいえ、このアプリのみにサインインします」をクリックします。
    以上で設定は完了です。

Outlook

  1. スタートボタンのメニューから「Outlook」をクリックして起動します。
  2. ファイル→情報→「アカウントの追加」ボタンを押します。
  3. メールアドレスを入力して「接続」ボタンを押します。
  4. しばらく待つと、以下のようなダイアログが出るので、パスワードを入力して「OK」ボタンを押します。
  5. 以下の画面が出たら設定は完了です。
    「OutlookMobile をスマートフォンにも設定する」オプションは、必要なければチェックを外してください。
    「OK」ボタンを押して閉じてください。

Thunderbird

Windowsの画面を例に説明します。 MacOSも手順はほぼ一緒です。

  1. 以下のページからThunderbirdをダウンロードして実行し、インストールしてください。
  2. Thunderbirdを起動すると以下のような画面が出ます。
    メール利用許可書に従い、メールアドレスとパスワードを入力し、左下の「手動設定」をクリックします。
  3. 赤枠の中を下図と同じように設定してください。
    入力が終わったら「再テスト」ボタンを押してください。

    - 受信サーバー 送信サーバー
    プロトコル IMAP SMTP
    サーバー outlook.office365.com smtp.office365.com
    ポート番号 993 587
    SSL SSL/TLS STARTTLS
    認証方式 自動検出 自動検出
    ユーザー名 自分のメールアドレス 自分のメールアドレス
  4. 「認証方式」の欄を「OAuth2」に変更して、「完了」ボタンを押します。
    ※「再テスト」ボタンを押していないと、選択肢に「OAuth2」が表示されません。
  5. Office365の認証画面が表示されるので、パスワードを入力して「サインイン」を押してください。

    つづけて「アクセス許可」を求める画面が表示されます。「承諾」ボタンを押してください。
  6. Thunderbirdが起動します。
    メニューから「ツール」→「オプション」を開きます。
    メニューが表示されていない場合は「Altキー」を押すと表示されます。
  7. 「プライバシーとセキュリティ」メニューの中の「ウイルス対策」タブを開きます。
    「受信したメッセージは個別の一時ファイルとして保存してからメールボックスに移動させる」という項目にチェックを入れて、OKボタンを押して閉じます。
  8. 次に、メニューから「ツール」→「アカウント設定」を開きます。
    メニューが表示されていない場合は「Altキー」を押すと表示されます。
  9. 左側のメニューから「編集とアドレス入力」を選び、 「HTML形式でメッセージを編集する」のチェックを外します。
    ※必ずしも外す必用はありませんが、トラブルを避けるために、外しておくことを推奨します。
  10. 表示されないフォルダがある場合は、以下の設定を行ってください。
    1. 左側のフォルダ一覧の自分のメールアドレス(アカウント名)を右クリックして、「購読」をクリック。
    2. 表示したいフォルダのチェックボックスにチェックを入れてOKをクリックします。

Mac Mail

  1. 「Mail」を起動後、メニューの「メール」→「アカウントを追加」を選択します。
    ※この画面が表示されず、起動後すぐに次項のプロバイダ選択が表示される場合もあります。
  2. プロバイダ選択画面になります。
    「Microsoft Exchange」を選択して「続ける」ボタンを押します。
  3. 自分の氏名とメールアドレスを入力し「サインイン」ボタンを押します。

    続けて「サインイン」ボタンを押します。
  4. 以下のようなウインドウが出た場合は「職場または学校アカウント」を選択します。
  5. サインイン画面になります。パスワードを入力して「サインイン」ボタンを押します。
  6. 必要なものにチェックを入れて「完了」ボタンを押します。
    以上で設定は完了です。

メールをバックアップする設定

この設定は上記の「各種メールソフトの設定」を済ませたあとに、追加で行う設定です。
この設定を行うとサーバ上のメールをローカル(使用しているパソコン)に保存します。退職などに伴いメールアカウントが削除されても、保存したメールを読むことができます。
メールをバックアップしたい場合に設定してください。必要がなければ設定は不要です。

サーバ上に大量のメールが保存してある場合、すべてのメールがダウンロードされるまで時間がかかりますのでご注意ください。

Outlook

  1. ウインドウ上部の「ファイル」を開き、「アカウント設定」ボタンを押して「アカウント設定」を選択します。

  2. 「データファイル」タブの「追加」ボタンを押します。
  3. バックアップファイルを保存する場所を指定します。
    マイドキュメントなど任意の場所を選び、適当なファイル名を入力してOKボタンを押します。
  4. 一覧に、前項で設定したファイルが追加されていることを確認します。
  5. 「メール」タブを開き、自分のメールアドレスをダブルクリックします。
  6. 「Exchangeキャッシュモードを使う」にチェックを入れ、「オフラインにしておくメール」を「すべて」にして、「次へ」をクリックします。
  7. 以下のようなダイアログが出たら「OK」または「完了」を押して閉じます。
    その後、Outlookをいったん終了させます。

  8. Outlookを起動し、「送受信」タブの「すべてのフォルダーを送受信」ボタンを押します。
    サーバ上に大量のメールが保存してある場合、すべてのメールがダウンロードされるまで時間がかかります。
  9. フォルダのリストの下の方に、バックアップファイル名と同じ項目が作成されています。
    これを右クリックし「フォルダーの作成」を選びます。
  10. 適当なフォルダ名を入力します。
  11. バックアップしておきたいメールを選択して、作成したフォルダにドラッグすると、メールがローカルに保存されます。

Thunderbird

  1. フォルダのリストから自分のメールアドレスを右クリックし「設定」を開きます。
  2. 「サーバー設定」の中の「詳細」ボタンを押します。
  3. 「購読しているフォルダーのみ表示する」のチェックを外します。
  4. 設定ウインドウを閉じ、メインウインドウ左上の「受信」ボタン横の▼を押して「新着メッセージをすべて受信」をクリックします。
    サーバ上に大量のメールが保存してある場合、すべてのメールがダウンロードされるまで時間がかかります。
  5. フォルダリストの下部に「ローカルフォルダー」という項目があります。これを右クリックし「新しいフォルダー」を選択します。
  6. 任意の名前をつけ「フォルダーを作成」ボタンを押します。
  7. バックアップしておきたいメールを選択して、作成したフォルダにドラッグすると、メールがローカルに保存されます。

Mac Mail

  1. メニューバーの「メールボックス」→「新規メールボックス...」を押します。
  2. 「新規メールボックス」画面が表示されます。
    場所を「このMac内
    名前を「任意の名前」(ここでは例として「バックアップ」としています)
    に設定してOKを押します。
  3. フォルダー一覧の「このMac内」欄に、前項で設定したフォルダが追加されていることを確認します。
  4. バックアップしておきたいメールを選択して、このフォルダにドラッグすると、メールがローカルに保存されます。

スマートフォンでの利用

スマートフォン用アプリがあります。設定手順は、以下のページをご覧ください。